フッ素シーラントについてFAQ

フッ素シーラントとはどんなものでしょうか?効果は期待できますか?

フッ素シーラントとは、奥歯の溝を虫歯になる前、もしくは初期の虫歯を取り除いた後に、フッ素を放出する薬で埋めることで虫歯を予防する方法です。子供の乳歯、特に奥歯の乳歯は、永久歯に比べて虫歯になりやすいので、こういった処置が有効と考えられています。

 

シーラント処置(歯の溝からの虫歯を防ぐ)

奥歯のかむ面や前歯の裏側にある溝は、汚れが溜まりやすく虫歯のできやすい大変危険な部位です。また、溝が細いところは歯ブラシの毛先より細く、日々の歯磨きでは溜まった汚れが取れません。

このような歯の溝を専用の超音波洗浄器具で完全にきれいにした後、フッ素が放出される樹脂で溝を埋めて、汚れやばい菌が入り込まないようにするシーラント処置が有効です。

この処置は、乳歯や萌えたての永久歯に効果があります。 とくに萌えたての永久歯は硬さが大人よりやわらかく、2年くらいかけて唾液のカルシウムと反応して成人の硬さになるので、萌えてから2年くらいは虫歯になりやすかったり、着色しやすかったりするためです。

「シーラント処置」キッズデンタルより抜粋

医療情報監修:坂部 潤 / キッズデンタル

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone