嫌気性菌

「嫌気性菌」について簡単にいえば、

読み方:ケンキセイキン。英語:Anaerobic bacteria

空気を嫌う菌です。菌の生育に酸素を必要としない細菌のことです。

嫌気性生物(けんきせいせいぶつ)は増殖に酸素を必要としない生物である。多くは細菌であるが、古細菌や真核微生物の中にも存在する。 これらは主に、酸素存在下で酸素を利用できる通性嫌気性生物と、大気レベルの濃度の酸素に暴露することで死滅する偏性嫌気性生物に分けられる。酸素を利用することはできないが、大気中でも生存に影響がない生物は、耐酸素性細菌などと呼ばれる。

wiki嫌気性生物について

さらに嫌気性菌の中に「通性」と「偏性」の2種類があり、酸素存在下でも生育できる通性嫌気性菌と、

 

嫌気性菌(読み方:けんきせいきん)には、・・・や・・・(それぞれにサイト内リンク)といった種類があります。 反対の意味の用語としましては、好気性菌(サイト内リンク)があります。嫌気性菌感染症、嫌気性ゴロ、口腔内嫌気性菌としては「歯周病菌」が、、、。また、嫌気性菌の抗菌薬としては、・・・が有名です。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone