喫煙すると歯周病の重症化リスクが高くなるFAQ

喫煙すると歯周病が重症化リスクが高くなる、との事ですが、そもそも何故喫煙すると歯周病になるのでしょうか?何か対策はありますか??

喫煙、つまりタバコにふくまれるニコチンが最大の原因なのです。よく喫煙者は指先や足の指が冷たくなるというのを聞いたことがあるかと思いますが、これはニコチンが血管を収縮させる作用があるからなのです。

タバコを喫煙する事で発生する一酸化炭素には、微量でも細胞組織への酸素供給を妨げることが判明しています。

タバコとかで歯が黄ばんでいる場合、単純に白くすれば良いといった問題よりも、喫煙により歯周病の可能性が高い確率で想定されるようです。

Yahoo!知恵袋:歯って歯医者さんに行って白くより抜粋

つまり、血流や酸素供給の減少により、本来の免疫機能が低下することで、細菌への抵抗力が落ちます。歯周病は感染症ですので、歯周病菌への免疫力が落ちて、結果、歯周病菌を繁殖させてしまいます。同時に、ヤニが歯や歯茎に付着することで菌が付着しやすくなる事も喫煙により歯周病になる原因です。

医療情報監修:若林健史

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone