小児歯科を受診する際の注意点FAQ

小児歯科を受診する際の注意するポイントはございますか?

低年齢のお子様や歯医者が苦手なお子様は多くいらっしゃいます。逆に歯医者さんが好きだというお子様は、少数派です。

小児歯科専門のキッズデンタルでは、以下のようなポイントをあげています。

1)できるだけ、午前中の予約をおとりください。

2)着替え・タオルをお持ちください。

3)治療前の飲食は控えてください。

できるだけ、午前中の予約を

小さなお子さまは午前中のほうが体調や機嫌が安定しています。また、体力も消耗しますので午前中の治療をお勧めします。

着替え・タオルをお持ちください。

治療により汗をかいたり、お漏らしをしたり、嘔吐したりすることがあります。お着替えと汗拭きのためのタオルを必ずご持参頂き、なるべく薄着で治療をお受けになることをお勧めします。

治療前の飲食は控えてください。

治療中、泣いたり動いたりすると、嘔吐しやすくなります。ものを喉に詰まらせる危険性もありますので、お約束の2時間前くらいから極力ご飲食はお控えください。(治療の前の朝食や昼食はできるだけ軽くしてください)

「歯医者さんが苦手なお子さまの治療について」キッズデンタルより抜粋

医療情報監修:坂部 潤 / キッズデンタル

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone