555
通常のインプラントと同じかも知れませんが、即時荷重インプラント治療の際の注意点はございますか?

インターネットで、インプラントについて調べていただけるとおわかりも知れませんが、インプラントを治療メニューに表示している歯科医院さんは、意外と多いのです。
この中には、インプラント治療の経験数が少ない歯科医師さんも、現実にはいらっしゃるのです。なので、この見極めが最初のポイントかも知れません。

あとは、インプラントにする際、骨の状態が重要ですが、意外なところでは歯茎や状態も重要になってきます。つまり、歯周炎の状態ではインプラント治療はベストとは言えません。まずは、歯周炎の治療が必用です。

また、歯周炎は、歯と歯茎の間で発生するのですが、人工の歯と歯茎の間でも発生することを覚えておいてください。つまり、インプラント治療後も、歯と歯茎の手入れ(定期メンテナンス)を受診するようにしてください。

インプラント治療の欠点として、インプラントを埋入するための手術を受ける必要があるため、全身状態が良くない場合には適用が難しいこと、治療期間が長いこと、治療費が高額であることが挙げられます。

現在のインプラントは骨に結合するのですが、粘膜との結合が強くないため、天然の歯に比較すると感染に弱いことも欠点です。さらに、インプラント埋入予定部位に骨が十分に存在しない場合、治療が困難であることも欠点です。 またインプラント治療において問題が起きた場合には、その問題の解決が難しいことも欠点です。

公益社団法人日本口腔インプラント学会:インプラント治療の欠点より抜粋