子供の頃の歯科矯正のメリット・デメリットFAQ

子供の頃に歯科矯正するメリットはありますか?

歯科矯正は、時間のかかる治療の一つです。子供の頃に歯科矯正するメリットですが、以下の点があげられます。

1)歯並びの問題の原因となっているアゴの骨の大きさやバランスの問題を改善できる。

2)成長すると抜歯や手術が必要な矯正も、子供の頃に矯正することでそれらの可能性を抑える事ができる。

3)歯並びや噛み合わせを早い段階で治療するので、それらが原因で起こるお口の機能的な問題を予防することができる。

 

子どもは成長発育をしているので、上下のあごの骨のバランスを整えやすく、あごの骨やその他の発達に影響を及ぼすような症例は子どものときから歯科矯正治療を開始した方が良い場合があります。

また、指しゃぶりや口呼吸などの口に関するさまざまな癖(口腔習癖)など成長に影響を与える機能的な問題を改善させて、食べ物をかみ砕いて飲み込んだり、話をしたりする口の機能の発達を高めることが可能になります。

「子どものときから歯科矯正をする必要はあるのでしょうか?」日本小児歯科学会より抜粋

デメリットとしては、

1)あごの成長が落ち着く10代後半まで経過観察が必要なので、どうしても期間がながくなる場合かある。
2)特に取り外し式の装置の使用などでは、本人の協力性が必要である。
3)複固定式の矯正装置を使用する場合などでは、虫歯になりやすい。

また、歯科矯正は自分で装着するタイプの装置を使用するので、保護者やお子様本人の積極的な意思や習慣作りによって、治療の結果に影響がでることが多いようです。

 

医療情報監修:坂部 潤 / キッズデンタル

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone