歯周病専門医:若林健史

若林健史/歯科医師

歯周病専門医・指導医

wakabayashi_201612

東京恵比寿の歯周病専門医若林歯科医院にて、歯周病を中心とした歯科医療をおこなうと同時に、「歯周病」や「医院のチーム医療」に関する講演やセミナーにて講師を多数経験させていただきました。

関連する著作も多く上梓させていただいておりますが、多くの方に知っていただく事ができたのは、ポリデント、シュミテクトのTVCMの影響が大きいと思います。

最近では、歯周病と歯周病が影響をおよぼす疾病の総称を、ペリオドンタルシンドロームPeriodontalSyndromeとして、多くの人に広く知って頂く事で歯周病に関連する全身疾患治療の認知促進や医科と歯科の垣根を取り払った治療の実現を目指し日本臨床歯周病学会を通し提唱する発起人となりました。

ペリオドンタルシンドロームについて

 

 

略歴

日本大学松戸歯学部卒業。その後、練馬区の若林歯科医院に勤務。

1989年、東京代官山にて若林歯科医院を開院。

1994年に、日本歯周病学会認定の歯周病専門医を取得。
2007年には、日本臨床歯周病学会の認定医・指導医となり、同時に日本臨床歯周病学会の理事となる。
2008年には、日本歯周病学会認定の指導医となる。
2013年には、日本歯周病学会理事、日本臨床歯周病学会の副理事長、に就任。

2014年4月、歯周病専門医若林歯科医院は、東京代官山から恵比寿南に移転。

 

 

wakabayashi4_201612

wakabayashi2_201612

 

若林健史 / 歯周病専門医若林歯科医院

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this pageEmail this to someone