555

(ニュース)ここのサイトロゴなど追加
彼に聞かれたら恥ずかしーっ! 夜の歯ぎしり食いしばりを防ぐ対策

https://life.news.biglobe.ne.jp/news/beauty/anan_171207_1719767190/

上記記事より、----

20~30代のanan総研40名に調査したところ、23%、約5人に1人が歯ぎしりに悩んでいるという結果になりました。

歯ぎしりは、ブラキシズムと呼ばれ、成人の5~10%の方が発生する睡眠関連運動異常症のひとつです。歯ぎしりの原因は多岐にわたり、例えばストレスや遺伝、飲酒、服薬、歯の噛み合わせ不良などが挙げられています。

-----

仮原稿)20~30歳代のの5人に1人が歯ぎしりとの事ですが、意外と知られていない事なのですが、歯ぎしりは歯周病や知覚過敏の原因にもなります。20~30歳代のの5人に1人が歯ぎしりとの事ですが、意外と知られていない事なのですが、歯ぎしりは歯周病や知覚過敏の原因にもなります。20~30歳代のの5人に1人が歯ぎしりとの事ですが、意外と知られていない事なのですが、歯ぎしりは歯周病や知覚過敏の原因にもなります。

 

(引用)-----

例として、北海道大学病院
http://www.huhp.hokudai.ac.jp/hotnews/detail/00000106.html

・ブラキシズムによる障害への対応
 ブラキシズムが顎関節症を引き起こしていると考えられる場合には顎関節症の治療を,歯周病が生じている場合には歯周病の治療を併行して行います。症状の程度に応じ,それぞれの専門医との連携も行います。

・咬合調整について
 咬み合わせの異常がブラキシズムの直接的な原因になっていると判断できないので,現在ではブラキシズムを改善する目的のためだけで歯を削って調整する治療は行いません。しかし,一部の歯にだけ大きな力が加わり,歯周病などに悪影響を及ぼすと判断された場合には,過剰な力が加わらないようにかみ合わせを調整するなどの対策をとることがあります。

-----

とありますように、歯ぎしりが直接の歯周病の原因という事ではありませんが、意外な事に、歯周病を悪化させる要因になるケースがあります。

若林歯科医院では、以下は仮原稿、(患者さんの例)・・・・・・・・・・(こういった患者さんの例がありました)、そこで、(こういった治療)をする事で、歯周病の進行を抑えることができ、結果的には効率的な期間で歯周病治療ができました。

(患者さんの例)・・・・・・・・・・(こういった患者さんの例がありました)、そこで、(こういった治療)をする事で、歯周病の進行を抑えることができ、結果的には効率的な期間で歯周病治療ができました。

(患者さんの例)・・・・・・・・・・(こういった患者さんの例がありました)、そこで、(こういった治療)をする事で、歯周病の進行を抑えることができ、結果的には効率的な期間で歯周病治療ができました。

 

上記、まったくの仮原稿です。患者の例は、一つでかまいません。患者さんのケースでなくとも、5人の1人ですので、歯周病の罹患率を鑑みますと、16%(歯周病罹患率80%×20%)の方が、歯周病でしかも歯ぎしりがあるとの事ですので、(対策方法)(治療時の注意点)(一般的な歯科治療知識)といった事があります。

 

 

医療情報監修:若林健史 / 歯周病専門医若林歯科医院